CCNet12
CCNet12

防災情報

防犯情報

※ 情報がある場合に上のボタンが赤色になります

CCNet12 番組情報

ウィークリーもとす

本巣市内の様々な話題をお送りします。
【放送日時】(15分番組/毎週月曜更新)
月・水・金 6:00~、 7:30~、 8:30~、12:00~、13:00~
15:30~、18:00~、19:30~、22:00~、23:00~
  火・木  7:00~、10:35~、11:35~、13:00~、 14:00~
       16:15~、17:00~、21:00~、22:00~、23:30~
土・日  7:30~、 8:30~、12:00~、13:30~、15:00~
       15:45~、17:00~、18:00~、20:00~、22:00~

こちら本巣市情報局

本巣市行政情報番組。市からのお知らせ等をお送りします。

【放送日時】(15分番組/毎月1日・16日更新)
月~日  6:30~、12:45~、18:30~、20:30~、22:30~

地域の皆さまの「健幸(けんこう)」づくりを応援

ドクター渡辺のいきいきものがたり 〜これって、自律神経失調症なの?〜

知っているようでよく知らない「自律神経失調症」の症状や予防法を、年代ごとに分けて分かりやすく紹介します。 解説は、おなじみ渡辺正樹先生です。

渡辺正樹先生著書「自律神経失調症を知ろう」を抽選で10名様にプレゼントいたします。
ご応募は、こちらまで。

【今月の内容】
#4 老後こそ 食べて!動いて!働いて!

(毎月1日更新 10分)
 放送日時は、電子番組表(EPG)でご確認ください。

健幸のすゝめ

さまざまな分野で活躍する達人や生きがいをもって暮らす人を紹介します。 主人公から“健”やかで“幸”せに生きるヒントを探す番組です。

【今月の内容】
尾張冨士に1万回
〜次良丸 肇(犬山市)〜

犬山市の尾張冨士に毎朝登頂し続けている次良丸肇さん。その数、実に1万回以上。 84才を迎え、飽きずにコツコツ続けることが『健幸の秘訣』と語ります。 継続は力なりを体現するその姿を紹介します。

(毎月1日更新 15分)
 放送日時は、電子番組表(EPG)でご確認ください。

ぶらり名所図会~歴史絵解き旅~

1枚の名所図会から歴史を紐解きます

「名所図会(めいしょずえ)」 江戸時代末期の名所旧跡等を風景画とともに紹介した、現在でいう「観光ガイド誌」です。今から170年前は、どんな場所が有名だったのか?その町はどんな様子だったのか?名所図会を片手に風景の痕跡や人々の営みをたどると、積み重なる時の厚みが見えてきます。歴史探索の楽しさ溢れる番組です。

【出演者】 宮本 忠博

【1月1日(金)~15日(金)】
#103  なごや七福神めぐり 前編
参拝すると七つの災難が除かれ、七つの幸福を授かるという七福神。 2021年の恵方「笠寺観音の恵比須天」と「成田山 萬福院の福禄寿」を訪ね、 七福神の信仰はいつから始まったのか、その歴史を探ります。

【1月16日(土)~31日(日)】
#104  なごや七福神めぐり 後編
「なごや七福神めぐり」の中から名古屋市中区の「福生院の毘沙門天」、 昭和区の「八事山興正寺の寿老人」を訪ねます。 特に1月にお参りすると、功徳が大きいとされています。その理由とは・・・。

(毎月1日、16日更新 15分)
【毎日】9:30~9:45、11:00~11:15
【平日】20:00~20:15
【土日】6:00~6:15、19:00~19:15

#103 笠覆寺(笠寺観音)尾張名所図会 前編 第5巻
#104 八事興正寺 尾張名所図会 前編 第5巻

■ キャスター紹介

キャスター紹介:深谷 康平
 深谷 康平

【血液型】
 O型
【星 座】
 うお座
【マイブーム】
おやじギャグ
【一言PR】 爽やか、元気、明るい。 この3つの印象を地域の皆さんに持っていただけるように、どんどん自分を売り出していきます! よろしくお願いします!

■ 取材・放送予定、取材情報募集

※取材情報の募集は、CCNetのサービスエリア内での行事・活動などに限らせていただきます。
※送信いただいた内容をもとに、取材にお伺いするか弊社にて検討させていただき、後日ご連絡させていただきます。
※スケジュールの都合等により、取材にお伺い出来ない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

■ 番組審議会

「番組審議会」は、放送法第三条の四〔放送番組審議機関〕において設置が 定められている機関です。CCNetは、放送している番組に関して、その番組が 適正なものかどうかをこの番組審議会に諮問し、また審議会は番組に対して 意見を述べることができるという機関です。 この番組審議会は、各界からの 有識者で構成されており、多方面からCCNetの番組に対しての見解を得ることができるようになっています。