CCNet12
CCNet12

防災情報

防犯情報

※ 情報がある場合に上のボタンが赤色になります

CCNet12 番組情報

CCNetスペシャル

地域のお祭り、発表会、学校行事などを毎週たっぷりお届けします!

【 2日~ 8日】 第38回養老町芸能大会<part3>
【 9日~15日】 高田まつり
【16日~22日】 養北小学校運動会
【23日~29日】 養老町少年の主張大会
【30日 ・ 31日】 養老郡消防操法大会
【放送日時】(60分番組/毎週月曜更新)
  10:00~、13:00~、16:00~、21:00~

見逃した方は・・・
 「先週のCCNetスペシャル」にて、ご覧いただけます。
  【月~金】 15:00~、19:00~

岐阜県警察 安全・安心情報

不審者情報や犯罪の発生・検挙情報など「安全・安心メール」
(岐阜県警察配信)がお知らせする「最新」の安全・安心情報をお伝えします。

※免責事項
  岐阜県警察および中部ケーブルネットワーク(株)は、利用者が「安全・安心
  メール」の情報を用い行う全ての行為について、一切の責任を負わないもの
  とします。
  よって、利用者が「安全・安心メール」を利用したことにより発生した損害
  および利用者が第三者に与えた損害などについても一切の責任を負わない
  ものとします。
【放送日時】
  7:40~7:50、11:50~11:55、20:40~20:45

みるチャン

西濃地域のお店情報などをお届け(大垣ケーブルテレビ制作)
【放送日時】(15分番組/毎月更新)
  8:15~、11:45~、17:15~
   ※土日は19:45~も放送

第100回 全国高等学校野球選手権

第100回 全国高等学校野球選手権 地方大会を生中継!

■番組詳細情報
第100回 全国高等学校野球選手権 岐阜大会(各務原市民球場・大垣市北公園野球場)を生中継でお送りします!

※雨天のため試合日程に変更があります(7月6日更新)
◆中継予定◆
7月 15日(日) 各務原市民球場
          (1)多治見工×岐阜各務野
          (2)岐阜第一×大垣東
          (3)各務原西×飛騨高山

7月16日(月) 各務原市民球場
          (1)岐  阜×中津商
          (2)長  良×市岐阜商
          (3)富  田×岐阜聖徳

なるほどトレイン【NPO法人ヨロスト制作】

養老駅スタジオから日本全国の鉄道について情報発信する 鉄分補給番組
毎月更新 60分 
【土・日】 15:00~

ぶらり名所図会~歴史絵解き旅~

1枚の名所図会から歴史を紐解きます

「名所図会(めいしょずえ)」 江戸時代末期の名所旧跡等を風景画とともに紹介した、現在でいう「観光ガイド誌」です。今から170年前は、どんな場所が有名だったのか?その町はどんな様子だったのか?名所図会を片手に風景の痕跡や人々の営みをたどると、積み重なる時の厚みが見えてきます。歴史探索の楽しさ溢れる番組です。

【出演者】 佐藤 実絵子
【7月1日(日)~15日(日)】  #43 篠島 前編(愛知県南知多町)
【7月16日(月)~31日(火)】  #44 篠島 後編(愛知県南知多町)
(毎月1日、16日更新 15分)
【毎日】9:30~9:45、11:00~11:15
【平日】20:00~20:15
【土日】6:00~6:15、19:00~19:15

尾張名所図会 前編 6巻 幡豆崎

■ キャスター紹介

キャスター紹介:泉 智香子
 泉 智香子

【血液型】
 A型
【星 座】
 ふたご座
【マイブーム】
・養老町の勉強
・人生で2度目の熊ブーム到来中
【一言PR】 養老改元1300年の盛り上がりをそのままに、養老局では『瓢箪(ひょうたん)ブギ』のプロモーションビデオを町民のみなさんと一緒に完成させよう!という企画を行っています。 沢山の方に参加していただきたいので、出演依頼お待ちしております!

■ 取材・放送予定、取材情報募集

※取材情報の募集は、CCNetのサービスエリア内での行事・活動などに限らせていただきます。
※送信いただいた内容をもとに、取材にお伺いするか弊社にて検討させていただき、後日ご連絡させていただきます。
※スケジュールの都合等により、取材にお伺い出来ない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

■ 番組審議会

「番組審議会」は、放送法第三条の四〔放送番組審議機関〕において設置が 定められている機関です。CCNetは、放送している番組に関して、その番組が 適正なものかどうかをこの番組審議会に諮問し、また審議会は番組に対して 意見を述べることができるという機関です。 この番組審議会は、各界からの 有識者で構成されており、多方面からCCNetの番組に対しての見解を得ることができるようになっています。