料金シミュレーション

代表挨拶・経営理念

代表挨拶

代表取締役社長 奥村 与幸

2021年4月

代表取締役社長 奥村 与幸

私たち中部ケーブルネットワーク(CCNet)は、1992年に事業を開始して以来、現在では愛知県、岐阜県、三重県の3県下にわたり20の市町でケーブルテレビ・通信事業を展開しています。おかげさまで今では26万世帯ものお客様に当社のサービスをご愛顧いただいております。

当社は、3県下に8つの局(うち、3つは支局)を持ち、それぞれの局が「小さなテレビ局」としてコミュニティチャンネルの番組作りからオンエアまでを手掛けており、地域色豊かな話題をオリジナル番組として局独自のプログラムで放送しています。また、コミュニティチャンネルに加え、4K放送やFTTH「CCNet光」等、最先端の放送・インターネット・電話などのサービスを地域の皆様に提供しており、全部で8つの局を各サービスエリア内に構えることで、お客様に何かお困りごとが生じた際にもいち早くお客様宅へ駆けつけるなど、きめ細かいサポート体制を構築していることも大きな特徴です。こうした地域に根差した放送・通信のトータルサポートを親切丁寧におこなうことで、文字どおりの「地域密着」で事業を展開しています。

また、近年全国的に自然災害が増加していますが、一般的なテレビの番組情報は特定の地域の道路や河川などに特化していないのに対し、私たちは、地元のケーブルテレビ会社として地域の安全・安心に貢献できるよう、エリア限定の情報番組「安全・安心123チャンネル」を開設しています。「安全・安心123チャンネル」は、地域の身近な道路や河川に設置したライブカメラの映像を365日24時間リアルタイムで視聴できたり、「Lアラート」を始めさまざまな防災・防犯情報に加えて、各自治体が発信するツイッター情報などをテレビで確認できるものです。「安全・安心123チャンネル」は、2019年10月に春日井市エリアの放送を開始して以来順次拡大しており、なるべく早い段階で当社の全サービスエリアに広げていきます。

私たちは、これからも社会インフラを支える一員として、光ファイバーケーブルでもっと地域の皆様と繋がり、地域の安全安心やよりよい生活に寄与する他のどこにもないサービスを提供する「地域に必要とされる会社」を目指してまいります。

経営理念

経営
ビジョン

ずっと地域に必要とされる会社でありたい

経営
理念

地域からの信頼を第一とする

心をもってお客様に接し、誇りをもって仕事に取り組む

コンプライアンス基本方針

  • コンプライアンスの徹底
  • 公正・誠実な企業活動の実践
  • 適正な情報管理・公開
  • 健全な企業風土の確立
  • 資産の適正管理・活用
  • 安全・衛生の確保
料金シミュレーション